そのCMが重要です!転職であなたも女優になる!


テレビやラジオの番組と番組の間に流れる広告。

完成するまでには膨大な時間と労力、そして費用がかかると言われています。

そのCMを面接だと思ってみてください。

そしてそのCMに必要不可欠な事…。

それは、”演じる側とそれを評価する側”

“売り手と買い手”

面接に置き換えると

“面接をする側とされる側”ということになります。

CMも面接も共通して言えることは

相手に良さをわかってもらうために

色々な手段を使い相手にアピールしています。

そう、CM(面接)を成功させるには演じることも大切ということなんですね。

では、実際にどうすればいいCM(面接)ができるのかを考えてみましょう。

まずは材料から


転職のCMを思い出してみてください。

そこにもヒントが隠されていますよ。

着ている服装はリクルートスーツ。

何色ですか? ジャケットは着てますか?

スカートorパンツ?

ヘアスタイルはどうかな?

アクセサリはしてる?

今の時代から外れないよう、しっかりリサーチした転職のCM。

だからこそ転職のCMと同じような外見を目指せば間違いなかったりするのです。

ただ、最近の転職CMってちょっと意味不明なものも多いですよね 笑

女優になる


面接なんてめんどくさいよ…

って思ってる方がほとんどだと思います。

「緊張する」・「何を答えていいかわからない」

こういう不安を楽しんでできるなんてレアケースですよね。

でも、よーく考えてみてくださいね。

これからの自分の人生を決めるのに

一本のCM(面接)を作れないで、女優のように演じられないで、

この先自信をもってやっていけますか?

【できる自分を演じる】

心理学的にもなりたい自分を演じることで

それが本当の自分になると言われています。

なりたい自分できる自分にセットして演じることで、

本当にできる自分”になることができます。

【違う自分を演じる】

これは面接時に面接官に気に入ってもらえるような態度を取ること。

媚びてるみたいでイヤだ。とか、自分らしくなくてイヤだ。

と、思うかもしれませんが、この”演じること”は恐らくみんなやったことありますよ。

例えば、恋愛の話。

好きな人ができました。

相手からどう思われたいですか?

好意を持って欲しいですよね!

そのとき人はどうなりますか?

食事の取り方や言葉遣いなど、

知らない内にいつもと違う態度や行動を取ることがある。

そう、そのとき演じていませんか。

これって本当の自分ですか?

演じているのかもしれないけど、

あなたはあなたです。

人に好かれようと努力をしている

紛れもないあなた自身です。

演じることは嘘をつく事ではありません。

演じることで本当の自分になる。

なりたかった自分になる。

新しい職場では自分らしさを存分に出してください。

今まで仕事でうまくいったことなんてない


「次の仕事では成功したい。」

「でも、やっぱりうまく演じられないの。」

そんな時、『就活塾』に入ってみるのはいかがですか?

学ぶことで自信を持つ事ができます。

就職活動の基礎知識を学んだり、

面接対策やエントリーシートの添削をしてくれます。

ちなみに、必要な知識だけ学べる

短期コース1日コースもありますし、

専門業界の知識を学びたいなら

職種別コースがあるスクールもありますよ!

自宅にいながらも授業がうけられるネットスクール

時間のロスが少ないし気持ちの負担も少ないです。

自信が無い方に至れり尽くせりな「内定保証制度」を

設けているスクールもあります。

万が一、内定が取れなかった際に受講料の一部もしくは全額返金しています。

あくまでもコレはダメだったときの保証。

うまくいくことを願っていますよ!

塾に通う時に気になるのが

大人数制か少人数制か、はたまたマンツーマンレッスンか…ですよね。

当たり前のことですが、短期でしっかり身につける事ができるのは、

やはりマンツーマンレッスン。

なんでもそうですよね…

英会話教室でもマンツーマンレッスンのほうが断然スキルがあがります

私の体験談ですが…

私、周りが気になってしまうタイプなんですよ。

昔、英会話教室で学ぼう!って思ったことがあって、

実際にレッスンに通っていました。

でも、少人数制レッスンでは全くしゃべれませんでした。

自分の英語ちゃんとしてる? 笑われてない?

って周りを意識しすぎちゃうんです。

自分の苦手な部分をサポートしてもらいながも、

個性を出してくれるマンツーマンレッスン

私みたいに周囲の目を気にしてしまう人や、人見知りな人はぜひどうぞ!

最後に


なりたい自分になるには演じきる事が大切です。

演じ切れなくてツライ時にはプロの力を借りるのも手です。

マンツーマンレッスン

慣れてきたら少人数制。

最終的にたくさんの人に自分の気持ちを話す事ができたら…

演じたかった自分がいる。

なりたかった自分がいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です