これで転職成功!?逆質問がチャンスです!!


質問されることには慣れているけど、
質問する事って案外難しい。
面接の際、突然”逆質問”を求められた!!
くるとは思っていたけど本当にきた!!
そんな時、あなたならどうしますか?
質問の内容によっては今後の人生が大きく変わるかもしれない…
そんなプレッシャーも感じますよね。
面接当日に困らないように、受け身だけではなく、攻撃の準備もしておきましょう!!

まずは通常パターンの面接


ある企業の面接にて。
あなたは面接官からこう質問されます。
①「なぜ弊社を選びましたか?」
この質問は完全に典型的な面接の質問なので
さすがに練習して行きましょう。
相手に好かれよう、面接に受かりたい、それだけの気持ちで面接に望んでも
すぐに見透かされてしまいます。
また、新卒者の面接でしたら熱い思いも伝わりますが、転職の面接であまり熱く語るのもマイナスにつながります。
一緒に働いた際には「こんなこと、あんなことができます!」「これだけ御社に貢献できます!!」という内容を入れて面接官に採用のメリットを伝えましょう。
②「自己PRをお願いします」
これもよくある質問ですが、意外と自己PRって難しいですよね。
「すでに履歴書に自己PR書いたから、それ見ればわかるでしょ!?」
と、思うところはあると思いますが、自己PRを求めてくるということは、
履歴書に書いてあること意外に”あなたのことをもっと知りたいです”ということなのです。
つまり、この質問をされた場合は履歴書に書いていない事を発言しましょう。
その際、あまりダラダラと話すのは逆効果。
できれば1分程でスマートに自己PRしましょう。
また、ありきたりな回答は面接官もウンザリしますので、自分らしさを出せる回答を心がけてくださいね!
自分らしさ…ってなんだろう? と悩む方もいると思いますが
どうしても譲れない事、こだわっている事、仕事でも趣味でもなんでもいいので考えてみると自分らしさが見つかってくると思います。
飽きっぽい・孤独を好む・話が長い・冷めた性格 など
一見、マイナスの思考であってもプラスに変えることはできます。
長所は短所であり、短所は長所です。
素直な気持ちになって
相手に自己PRをぶつけてみてください!

逆質問してください


ついにきました逆質問。
「何か質問はありますか?」
この質問にあなたならどう答えますか?
①質問してみる
②特にありませんと言う 
①と②どちらを選びますか?
言うまでもなく②はあまり好ましくありませんね。
では①はどうでしょう。
素朴な疑問でもいいですが
意味のない質問はやめましょう。
突っ込んだ質問はNGとされていますが
少しだけ大胆に突っ込んでみると
意外と面接官との親近感が沸く場合があります。
その際、空気が読めないと大変な事になるので空気が読めない方にはオススメしません。
面接中の空気でイケると判断した時のみです!
面接する、されるということは
実際にその職場で働いて欲しい、働きたいという事ですよね。
遠慮しないで自分の思っている事を質問したほうが入社後も気持ちよく働けると思いませんか?
最初から自分の思うところを相手に伝えて、
少しでも理解してもらう。
それでもし面接で落ちたとしたら…
それはあなたに合う会社ではなかった
ということだと思います。
だからこそ逆質問はチャンスなのです!

1番ダメな逆質問


「その質問はダメでしょ!」
それは、面接に行く企業のHPなど、
下調べできたであろう内容を聞いてしまうことです。
まずはその企業のことをしっかり調べてから面接に挑みましょうね!基本中の基本です。
同じ職種の別企業の事も一緒に調べておけば、他社より御社の方が魅力的だという事も発言できるチャンスです。
とはいえ、他社の批判は印象が悪いので
あくまでも”他社より御社”の比較までにしてください。
色々と考えてみて、頑張ってみたけど、どうしても逆質問が浮かばない…
せっかく逆質問を考えてきたのにすでに面接官から説明されてしまった!!という事もあります。
まず落ち着きましょう。
できれば質問するのがベストですが、
無理矢理くだらない質問をするのは逆効果です。
そんな時は素直に「特にありません。」と言っても構わないのです。
ただし、”企業説明会や企業HP、面接中の説明などで理解できました。”とつけ加えて「今時点で質問はありません」という答えを出しましょう。

最後に


面接で緊張してしまうのは仕方がありません。
面接官も緊張を加味して面接してくれます。
まずは肩の力を抜いて少しでも自己アピールできるように頑張ってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です