バレても大丈夫!これからの社会で理想とされる転職への考え方

転職とは何でしょうか?

転職とはある人はワンランク上のキャリアを目指して、ある人は今の会社に不満があってなどなど様々な理由があって仕事を変えることです。当然今の会社を辞めるわけですから、デメリットとしては給料が下がる恐れもありますし、転職先が本当に正しいかも分かりません。しかしその分メリットとしては豊富なキャリアを積んで仕事の幅がひろがりますし、人脈も広がるでしょう。以上のように転職とは一種の賭け事のようなものです。

ですがやはり転職をするには今の会社を辞めなければなりません。その会社に勤めていた時間が長ければ長いほど、その会社での信頼も大きいと思いますし、代わりになるような人も少なくなってくると思います。つまりはあなたが会社を辞めることは会社にとって不利益になることが多いです。だから転職することが会社にばれると会社からいい印象をもたれません。ある話によると転職をするということが会社の上司らにばれてしまい、それによって仕事を与えてもらえなくなったり会社のブラックリスト的なところに名前を入れられたりと、あからさまな嫌がらせを受けたということを聞いたことがあります。ある人は転職する人を会社の裏切り者だといっていたり、会社辞めるならいいでしょといわんばかりにやりたい放題をしたり、そういう人たちがいまだに存在しているようです。皆さんはこんな考え方持っていませんか?そういう人たちは一つの会社で一生を貫くことをかっこいいと思っているかもしれません。でも一つの会社しか見えていないともとることができます。正直狭い考え方です。私は一つの会社で生きていく生き方を否定しているわけではありません。一つの会社にしか目を向けないということは視野が狭いのではないかということをいいたいのです。


この世の中には何千万という企業が存在しています。その沢山ある企業の中で、あなたは今勤めている会社はあなたにとってベストな会社なのですか?

自分に本当に合っている会社なんて一生で見つけられるか分かりませんし、見つけたとしてもそこに就職できるかどうかも分かりません。つまりはほとんどの人が自分に本当に合った会社に就くことができないまま生産年齢を過ぎていくのです。完璧にあっていなくても自分に向いている会社なら沢山見つけられると思います。でもそれを見つけるためにはもちろん会社にも目を向けなければいけませんし、自分にも目を向けなければなりません。つまりはじめから仕事を探そうという意思がなければ見つけられないのです。だから一つの会社にしか目を向けられない人にはいい仕事ライフを歩むことなど不可能なのです。もちろん伝統芸や匠と呼ばれるような職人さんは一つの仕事で良い仕事ライフがおくられているかもしれません。しかしそれも沢山の仕事の中から本当に自分に合った仕事を見つけ出した人であるだけのことです。

「幸せはやってくるものではありません。自分で掴み取るものです。」

まとめ

・一生で自分の合っている仕事に就ける人は限られている。

・自分を分析し仕事にもしっかり目を向けた人たちが自分の適性にあった職業を見つけ出すことができている。

・一つの会社で生きていこうとすることはやめましょう。それは視野が狭い考え方です。

最後に


皆さんどうでしたか?今「ドキッ!」ってしている方いませんか?今までそんな考え方をしていたかもしれないと思った方、中でも「転職をする人は会社の裏切り者だ。」と思っていた方は考え直してみてください。

これからの社会は転職することを当たり前だという認識を持っていくべきだと思います。確かに忍耐力も大切です。常に楽しい仕事なんてものもあるなんて思っていません。嫌な仕事もありそれをこなさなければならないときもでてきます。でも転職は嫌な仕事から逃げるものではありません。自分探しの旅にでるようなものと思って欲しいです。転職は会社の負担になって、会社側からすればいいことではないでしょう。でもはっきりいいます。だからといって嫌がらせをしていたような会社はもうつぶれるでしょう。なぜなら社員をものとしか思っていないからです。だからこれから生き残る会社はもし転職を考えた人がでてきたときに「頑張れよ」っていってくれる人がいるような会社です。皆さんもそのようなことが言えるような人になってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です