到来!!転職のクールビズ


皆さんは転職を考えたことはありますか?この記事を見ているということは皆さんはもうすでに転職を考えているのかもしれません。特に初めて転職をするという人にとっては、「せっかく苦労して入った会社を辞めるのも抵抗あるし、転職したとしても絶対良くなるという保障もないしなー。」という風に少し不安をお持ちのことと思います。では実際転職とはどうなのでしょうか?

現在転職率は増加傾向にあります。およそ7年間増加し続けていて。今では20人に1人が転職を考える時代となっています。しかも大体何歳の人たちに多いと思いますか?私は30歳前後の人たちが転職を考えるものだと思っていましたが、若ければ若いほど転職率は高いようです。つまり就職し始めたばかりの20歳あたりの年代層に転職を考えている人が多いみたいです。意外だと思いませんか?これは恐らく新卒で就職した会社が思っていたのとは違っていたか、はずれだったかということでしょう。


今までは会社入りたてですぐに転職するなんて根性がないという風に思われてきました。一昔前には労働者には終身雇用制度が存在して一つの企業に一生を縛られるというのがありました。しかし今ではその終身雇用が当たり前の時代はもう終わりました。だから転職は思う存分考えてもいいのです。「今の会社に不満がある。」「ワンランク上のキャリアを目指したい。」「他の仕事もしてみて経験を積みたい。」など人によって理由は何でもいいのです。とても皆さんは恵まれているといえるかもしれませんね。ある会社では転職をするということが上司にばれると、会社のブラックリストに載せられたり仕事が減らされたりあからさまな邪魔者扱いをうけることもあったようです。今ではこのような会社はないと信じたいですが。まあこのような会社は少なくなってきています。


今では転職をしやすい環境が整っています。皆さんはインターネットで色々な広告を目にしますよね。令和になってから転職サイトの広告を沢山目にしませんか?「転職するなら・・・」みたいな広告です。私はyoutube を良く見ていてそのとき転職サイトの広告が増えてきているなという印象を受けました。皆さんはどうでしょうか?まあとにかく広告で宣伝されるほど転職は身近なものになってきているということです。実際その転職サイトでプロの転職コンサルタントのお話を受けて、転職を成功させるのも全然ありです。こちらのほうがいいかもしれません。「自分の向いている仕事は何なのか?」とか「本当に良い会社って何だろう?」ということは転職コンサルタントの人が一緒に考えてくれます。転職を考えているならとても大きな力になると思います。話は変わりましたが、要するに現在は転職することはそんなに特別なことでもないのです。だから転職することへの妙な抵抗は必要ありません。

まとめ


・転職率は増加傾向にあり、現在では20人に1人が転職を考える時代になっている。

・転職は若年層に多く見られる。

・終身雇用が当たり前の時代はもう終わっていて、そういった会社は少なくなってきている。

・転職サイトの広告が増えてきている。つまり転職は特別なことではなくなってきている。

・転職コンサルタントの人に相談すれば、転職の大きな力になってくれる。

最後に

転職の一歩を踏み出すことは誰にとっても怖いことです。今の会社を辞めるのもリスクですし、転職先でも上手くやっていけるかどうかは分かりません。しかし転職をすれば新しい人と出会い、新しい環境と出会い、新しい日常を手に入れることができます。いわば転職とは冒険なのかも知れません。昔は旅には出ることができずに最初の村で一生を過ごすことが当たり前の時代がありましたが、今は違います。いつでも転職という形で旅に出ることができます。人は新しいことを経験することで楽しみを感じます。いつまでも同じ作業をたんたんとこなすのは退屈なだけです。同じ会社にいることが同じ作業をすることになるとはいいませんが、いつもと同じ景色を見て、同じ人を見ていると世界の広さに気づくことができません。世界は広いです。是非転職してみてはどうですか。しかし今の会社で満足いっているなら話は別です。あなたは幸運なのかもしれません。それはあなたの天職ですよ。しかしそういう人も少ないと思います。転職が少しでも頭に浮かぶ人は是非本格的に考えてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です