転職するときの履歴書を入れる封筒マナー

履歴書が書き終わり、一安心したのも束の間・・・履歴書買ったときに入ってる封筒って「どう使えばいいの?」と思いませんか?

そんな疑問を解決するため、まとめてみました!

履歴書を手渡しするには・・・

履歴書を手渡しの場合、クリアファイルに挟んだうえで封筒に入れて持参しましょう。当たり前ですが、折れていたり汚れている履歴書は印象が良くありません。クリアファイルに入れていても、端が折れたり、シワになったりと汚れるのを防ぐためです。しかし履歴書はすぐ取り出すことが多いので、封をする必要はありません。また、封筒に宛先を記入する必要はありません。

履歴書を面接官に渡すとき


封筒に入れたままではなく履歴書が入ったクリアファイルと封筒から出して渡します。面接官はその場ですぐ履歴書を読むので封筒に入ったまま渡すと、面接官に履歴書を取り出す手間をかけてしまいます。なるべく手渡しの際は三つ折りにせず、封筒の上に履歴書の入ったクリアファイルを重ね、封筒と一緒に面接官が読める方向で書類を渡すのもポイントです。面接前にかばんの取り出しやすい位置に履歴書を入れておくとスムーズに渡すことができます。また面接官より先に面接会場にあr案内された場合は、カバンから封筒を出して待つことをおすすめします。

もしも履歴書を求められなかったら?


面接開始時に履歴書を求められることが多いのですが、面接が終わってから提出を求められることもあります。面接が終わっても履歴書を求められない場合は「履歴書はいかがいたしましょうか」と自分からひと声かけてみましょう。

面接官以外に渡すときは?

企業の受付や会社説明会のスタッフなど履歴書を面接官以外の人に渡す場合は中身を出さず封筒のまま渡してください。受付の方がそのまま履歴書を読むわけではありません。渡し方は面接官に渡すとき同様、相手から読める向きで差し出しましょう。

郵送で履歴書を送るには・・・

郵送の場合は封筒の裏面の左下には自分の住所と氏名を書きます。表面は履歴書在中と赤色のペンで書き更に赤色のペンで履歴書在中という文字を長方形で囲みます。横書きよりも縦書きが一般的です。宛名は個人宛は「○○様」、企業や部署宛は「○○御中」と書きます。「○○行」と元々印刷されている場合は「行」の部分を二重線で消し、横に「御中」と書きましょう。

応募書類を入れる際、気を付けるポイント


・水にぬれる可能性や見栄えを考慮し、書類はクリアファイルにいれる

・履歴書は封筒に入れるとき、上下逆になっていないか確認

封筒は角A4サイズもしくは角2サイズの白いものを選ぶとよいでしょう。上から送付状(もしくはカバーレター)、履歴書、職務履歴書の順に重ねて、折れたり水に濡れたりするのを防ぐために透明のクリアファイルに入れて封筒へ。

長方形の封筒は避ける


履歴書を購入すると一緒に長方形の封筒が入っていますよね。実は履歴書は原則的にA4サイズより小さくなるように折らないのが基本です。一般的に三つ折り(長方形の封筒使用)が許されるのは、パートやアルバイトの募集とき、派遣会社や人材紹介会社へ提出するとき、その他選考に関係なく提出を求められた場合とされています。それ以外の場合は、使わない方が無難です。

まとめ


履歴書を手渡しするには・・・

郵送で履歴書を送るには・・・

いまさら人に聞くのも少し恥ずかしい、そんな履歴書の渡し方や封筒についてまとめてみました。

私はクリアファイルに入れず、長方形の封筒を使用していました・・・正社員の仕事ではなかったので採用には至ったんだと思いますが、今後はこのようなことに気を付けて面接に挑みたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です