転職でやることは○○だ!失敗しない転職を求めて!

皆さんに質問です。転職と新卒で就職する違いは何ですか?今転職を考えている人は自分が新卒で就職するときのことを思い出してみてください。考え方はなにか変わっていないだろうか?行動がなにか変わってないだろうか?色々違いが見えてくると思います。

転職で考えることとは?


新卒で就職する人の多くは仕事先をネームバリューや周りからの会社の評価で決めていたと思います。実際に初めての就職では会社の情報なんてほとんどありませんし、何をみて就職するべきなのかなど全くイメージがつかないからです。ですから仕事も自分の目指す仕事も自然とそういった影響を受けて、なんとなく決めてしまうことが多いです。でも転職は違います。もう実務経験があるのです。仕事のイメージがついて会社の情報も手際よくキャッチする能力もあります。また自分がどんな仕事に向いているのかなどのことは転職するときに一番考えることです。いままで沢山の仕事を目にしてきたと思います。同じ仕事場には様々な職種の人がいます。例えば病院でいいますと、一つの病院の中には、医者のほかに看護士、検査技師、理学療法士、作業療法士など様々な職種の人たちがいて、それぞれの仕事をこなしています。あなたも周りに目にしませんでしたか?他の職種の人はいたと思います。それはあなたの持っている情報の一つです。新卒の頃よりも何倍もの情報をあなたはもっています。だからその情報をおおいに利用して自分の適性を見つけましょう。つまり具体的にどのように考え方が異なるのかいうと、新卒で就職の時は周りからの評価で仕事を選ぶが転職では自分の評価で仕事を選ぶということです。

転職でとるべき行動とは?


新卒で就職するときは会社のことを知るためにネットのホームページを見たり、会社の資料を見たり、インターシップなどで会社に訪問したりしていたと思います。ここでアクテョブに動けば動くほど沢山の情報が手に入り、就職の成功率も上がります。これらは転職の際にも似たようなことはすると思います。しかし転職する人にはもう一つ強力な情報源を持っています。それは学生時代の友達です。学生時代に友達も皆さんと同じように就職をして働いていると思います。そして個人個人で就職先も様々なので色々な業界のリアルな情報を持っています。自分が仕事選びで困っているのであれば、友人から得られた情報をもとに仕事が見つけられることだってあります。また友達の会社などであれば、実際入社した後も友達を介して人間関係にもあまり困ることはないなどいいことばかりです。学生時代の友人は一生の宝という言葉を耳にすることがあります。本当にそうだと思います。あなたが困っているなら相談にものってくれるはずです。また転職コンサルティングに相談するのもありです。彼らは仕事選びのプロなので企業をあらゆる視点から眺め、あなたに合った就職先を探してくれることと思います。


以上にように企業の情報を手に入れて実際に会社を自分の目で確かめることも大切です。転職してうまくいかない原因は何だと思いますか?給料が下がったとか仕事内容が思っていたのと違っていたとかは確かにあります。でも最も多い原因は人間関係です。給料が少し上がっても、仕事が自分に合っていたとしても人間関係が悪ければ仕事のやる気も出ません。人間は嫌いな人と同じ空間にいるとそれだけで気になって、目の前のことに集中できなくなってしまいます。だから仕事場で良好な人間関係を築くことは大切なことです。でもいくらあなたが良い人間関係を築こうと思っても、転職先の会社の社員同士がギスギスしていたらどうですか?そんな会社で良い人間関係など築くことはできないでしょう。会社に訪問するときは、会社の人たちの雰囲気をよく観察しましょう。社員同士の雰囲気などはいくらその会社の資料を熟読してもインターネットで調べても分かりえないことです。こうした情報は実際に足を運んで会社に訪れなければ分からないものです。

まとめ

仕事先は自分の評価で決める。

学生時代の友人が最強の転職の味方である。

相談しても分からないことは実際足を運んで目で見て確かめましょう。

今回は転職についてすることを考え方と行動の二つの観点からお話しました。転職は新卒で就職することと全然違います。その違いを受け入れて絶対に転職成功させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です