転職に必要な自己分析


最近、転職する人、転職を考える人が増えています。

転職時に必要になってくるのが、

「自分がどうゆう人間」で、

「どういうことがやりたいと思っているのか」

を知ることです。

知らないと企業選びができませんよね?

当記事では、自己分析のやり方とその自己分析で掘り下げるポイントを紹介します。

転職しようと思っている人は、

自己分析を通して自分を知り、

自分が進むべき方向を明確にしましょう。

そして転職を成功させましょう。

自己分析の方法


マインドマップ法

最初に紹介するのが、学術ジャーナリストであるトニー・ブザン(ロンドン出身)が提唱した

マインドマップ法です。

マインドマップ法は、割とポピュラーな自己分析方法ですので、

もしかしたら「名前は知らないけどやったことがある」という方もいるかもしれません。

やり方は、まず真ん中に、「自分」「現状」などの深堀したいキーワードを置きます。

そのキーワードから思っていることを枝葉のように書きたしていき、

その無数に伸びたワードの枝葉から自分の深層探っていきます。

印象や瞬間的な判断で言葉を出していくので、

もしかしたら新しい自分に気づけるかもしれません。

マインドマップをわかりやすく説明している動画がこちら

『プロ』が教えるマインドマップの書き方【入門編】

https://youtu.be/hn_3zfDPP3Y

ノートに経験したことを書き出し自問自答する方法

自分が過去に経験した、

「楽しかった思い出」、

「苦痛だった思い出」

を思い出しながらノートに書き起こしていき、

「なぜその時に、楽しいと思ったのか」、

「なぜ苦痛に感じたのか」

のように、疑問を投げかけていき

自分の価値観、経験をどんどん掘り下げていくというものです。

もしかしたら自分にとっての大事な経験、

忘れていた経験を再認識できるかもしれません。

私はこの方法で自己分析したことがあるのですが、

意外にすらすらとペンが進んでいき、全く苦になりませんでした。

ここでは、マインドマップ法・経験を思い出しノートに書く方法のふたつの方法を紹介しました。

両方ともペンとノートがあれば気軽に始めることができます。

「企業選び」、「面接時」にも役立つので、転職を考えている人は、明日からでも始めてみましょう。

見つけておきたいポイント

自己分析の目的は、

「自分が進むべき方向」

と面接時に面接官にアピールする「自分の強み」

を知ることです。

ここからは自己分析をすることによってどのような事柄を見つけておくべきなのかについて紹介していきたいと思います

  1. 知識

    自分はどのような「知識」、を持っているのか、

    そして「何に興味があるのか」について知ることによって、

    「自分がどういう仕事につきたいのか」をイメージすることができ、

    企業選びの参考になるかもしれません。

  2. 経験

    「これまでの人生から得たもの」

    ・「現在どういう仕事をしているのか」

    ・「これまでに経験した仕事」など

    自分の経歴について思い出してみましょう。

    面接時にアピールできるような「自分の強み」が何か、はっきりするかもしれません。

  3. 特技・能力

    「どういうスキルを持っているのか」、

    「どういうことに自信を持っているのか」

    についてはっきりさせておきましょう。

    「自分にどういう仕事が向いているのか」が見えてくるかもしれません。

  4. 人間性

    自分がどういう性格をしているのかについて、

    知っておきましょう。

    長所・短所等の自己評価は、面接でよく聞かれることなので、

    答えを用意しておきましょう。

    もしかしたら、自分の知らない一面に気づけるかもしれません。

自己分析は、自分との対話です。

「転職面接の受け答えの用意ができる」以外にも「自分の現状を把握できたり」、

「思い出を再認識することで重要なことに気づけたり」と

良いことがあるので定期的に、分析してみるのもいいかもしれません。

まとめ

自己分析の方法

・「マインドマップ法」(中心にキーワードを置いて枝葉を伸ばしていく方法)

・「ノートに経験したことを書き出し自問自答する方法」

(思い出した経験になぜを投げかけていく方法)を紹介し、

それら自己分析法で見つけておきたいこ

とを見つけておきたいポイントで紹介しました。

転職と自己分析はセットです。

自分が何をしたいのか、

自分は何ができるのか

がハッキリしていないと企業選びができませんよね。

もし、そこんトコロがぼんやりしたまま転職に踏み切ってしまうと、

面接でうまくしゃべれることができないかもしれません。

仮に転職できたとしても

「ほんとうにやりたい仕事はこれじゃなかった・・・また転職しよう。」

なんてことにもなりかねません。

転職する前に一度自己分析をしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です