【0から始めよう】転職無限ループ~死に戻り~

私は

ブラック企業に勤務する

普通の会社員です。

 

妻と幼い子どももいます。

 

これまで

特に

不思議な体験をしたこともありません。

 

そんな私が体験した、

不思議な転職生活のお話を

今回はさせてください。

1度目の死

「不採用」

 

面接を受けた会社から届いた

不採用通知を見た瞬間、

体に激痛が走りました。

 

倒れこみ、

(やばい、死ぬ)

と思ったのが最期の記憶です。

2度目の死

スマートフォンの目覚ましで起こされます。

 

いつもの布団の中でした。

 

「悪い夢を見たもんだ」

と呟き、

スマートフォンを手に取り、

アラームを停止します。

 

ふと違和感を覚え、

スマートフォンの時刻を確認します。

 

「壊れているのか」

 

時刻が

おおよそ1年前になっていました。

 

「なにかしらの不具合だな」

としか思えず

普通に出社します。

 

昨日の仕事の続きをしようと

パソコンを開きますが、

昨日作ったファイルがありません。

 

周りの会話もどこかおかしいのです。

(まるで過去に戻ってしまったようだ……)

 

確信を持ったのは、

上司に理不尽なことで

長時間怒鳴られたときです。

 

ハッキリと思い出しました。

 

今日は、

私が会社に嫌気がさして

「転職を決意した日」

だったのです。

 

それからは、

なんとなく

そうしなければならないような気がして、

 

前回と同じように

1年を過ごしました。

 

ただ

大きく変えたことがあります。

 

面接です。

 

1度目の私は

パワハラが嫌で

 

ハラスメント研修を管理職にしているか、

残業時間は出るのか、

など

 

根掘り葉掘り聞いてしまったのです。

それが不採用につながったに違いありません。

 

「不採用」

またです。

また体に激痛が走りました。

繰り返される死


また1年前に戻った私は、

もうあんな痛みは

味わいたくないと思いました。

 

もう転職はやめよう

と思った瞬間……

死に戻りしました。

 

ほかの会社を受けようととしたら、

死に戻り。

 

結果

通知を見なくても

その日の夜に痛みが走り、

死に戻り。

 

準備万端で面接に挑んでも

不採用で死に戻り。

 

絶望して自殺しても

死に戻り。

 

死に戻りは

幾度となく繰り返されます。

 

転職をあきらめたり、

不採用になったりしたら

死が訪れます。

 

おそらく

私が合格するまで続けられるでしょう。

 

人によっては

羨ましいこと

なんでしょうが、

 

そのたびに訪れる死は

耐え難く、

このループを抜けようと

私は必死でした。

 

自己分析をしました。

企業研究をしました。

面接内容を見直しました。

 

スキルが足らないのではないかと思い、

資格を取りました。

 

裏金で通らないかと思い、

人事担当者に100万円渡しました

(これはNGだったらしく渡した瞬間に死にました)。

 

なにをやっても、

何度面接を受けても、

私は通りませんでした。

 

「自分でできることはやりつくした」

そう絶望した瞬間、

死に戻りました。

新しい朝

私は転職活動のことを、

家族にもだれにも秘密にしていました。

 

無用な心配をかけたくなかったからです。

 

「もしかして転職活動しているの」

 

子どもが寝て、

ビールを飲みながら、

自己アピールを考えているとき、

妻がボソッと言います。

 

これまでのループには

なかった出来事で、

非常に驚かされました。

 

「ごめん、あんまり様子が変だからパソコン覗いちゃった」

 

私の視線に

妻が答えます。

 

このときの私は

寝ても覚めても転職のことを考えていました。

 

それが度を越し、

妻に疑いを持たせてしまったようです。

 

「私、あなたと結婚するまで人事にいたから模擬面接してあげようか」

 

これまでの私は

自分の力で転職を成し遂げようとしてました。

 

しかし

限界を感じていたのは確かです。

 

私は藁にもすがる思いで、

の模擬面接を受けました。

 

「改善する点は3つ」

 

「まず1つ、

 うまく取り繕っているけど、

 言葉の端はしから

 今回の転職が

 『逃げ』からきている

 ことが分かる」

 

「次に、

 自分本位なことが伝わってくる。

 青臭いこというけど、

 仕事は他人を幸せにすること、

 それは

 自分しか考えられてない人には

 難しい」

 

「最後に、

 趣味が読書ってなによ。

 普段本なんか読まないでしょ。

 

しかも

 聞いたことないようなタイトルだし。

 趣味は家族サービス、

 まず私たちから幸せにして」

 

本は1カ月後に発売されて、

ベストセラーになるものでした。

 

一瞬、

ドキリとしましたが

妻は大して気にしていないようです。

 

この頃の私は

死に戻りのしすぎで、

どんなことがあっても

定時に帰れるようになっていました。

 

私は0から始めることにしました。

 

あの会社に入りたい理由、

あの会社に入って

だれを幸せにしたいのか

考え直し、

休みの日は家族サービスに当てます。

 

あの地獄のようなループから

数年が経ちました。

 

簡単にしか書けず、

しかも

信じてもらえないようなことですが、

死に戻りは

確かにあったのです。

 

皆さんにも起こり得るかもしれません。

 

ループにはまってしまわないよう、

皆さんは周りに助けを求め、

前の会社の恨みつらみは捨て、

0から面接の準備をしてください。

 

それでは皆さんの

転職活動の成功を

お祈りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です