これはNG! 転職の面接時のダメ逆質問3パターン

転職面接の最後に必ずと言っていいほどある、面接官からの一言「何か質問はありますか?」――そう、逆質問ですね。

“何か質問は?”と聞かれたからと言って、何を答えてもOK…というワケではありません

たったひとつのNGな質問をしてしまうことで、これまでの流れはOKだったのに、一転して不合格となってしまうこともあり得ます。

事前にそのNG質問とはどのような質問なのか、把握していれば安心ですね。

今回は、転職面接時のNG質問について、3パターンでご紹介します!

パターン①: 調べれば分かる逆質問

最初に、会社のホームページや求人情報に掲載されていることを逆質問してしまうケース。興味がある企業であれば、誰しも調べて面接に臨みますよね? つまり、「御社に興味がありません」と言っているようなものです。

(NG逆質問例)

 ・御社の強みを教えてください

 ・主力商品はなんですか?

 ・昨年度の利益はどのくらいでしょうか?

 ・どのような企業と取引されていますか?

志望している企業のホームページや求人情報は十分に読み込んだうえで、面接に臨みましょう。また、競合企業のホームページや求人情報にも目を通すとベターです。

逆質問に“競合企業との比較”を盛り込むことで、質問の深みをぐっと増やすことができ、「お! この人は良く調べてきているな」と面接官によい印象を与えることが出来ます。

パターン②: 自信が無い逆質問

大きすぎる態度や質問もNGですが、自信が無さすぎる質問もNGです。「自信が無い」=「会社におんぶにだっこでぶら下がるスタンス」ということです。会社は、利益を出してくれる人材が欲しくて面接を実施しています。

おんぶにだっこでぶら下がる人材は必要ありません。

(NG逆質問例)

・どのような研修で、御社で成長させていただけるのでしょうか?

・ノルマがあると聞いていますが、もし未達成の場合、ペナルティなどあるのでしょうか?

・入社してから覚える形でも大丈夫でしょうか?

・異業種からの転職でも問題ないですか?(活躍できますか?)

繰り返しますが、会社は、「利益を出してくれる人材」が欲しいので、「私はこんな貢献が出来ますよ」「私はこんな形で利益を上げられますよ」ということを逆質問でも盛り込められると理想的です。

パターン③ 仕事への熱意が感じられない逆質問

会社の事業や仕事内容ではなく、給料福利厚生休暇待遇などの質問です。他のパターンの質問と合わせて…という形ならよいですが、このパターンの質問だけだと、「事業や仕事には興味が無いのかな?」という印象を持たれてしまう恐れがあります。しかも、求人情報に係れている者だった場合、パターン①との合わせ技で、あなたへの印象ダウンは必至です。

(NG逆質問例)

・平均年収はどのくらいですか?

・有給はどのくらい取得できますか?

・賞与は何か月分ですか?

・転勤はありますか?

・年間休日はどのくらいありますか?

まとめ

転職の面接時のダメ逆質問3パターンについてまとめると、

パターン①調べれば分かる逆質問

パターン②自信が無い逆質問

パターン③: 仕事への熱意が感じられない逆質問

以上の3パターンは、ぜひ回避するようにしてください!

あなたの転職活動が成功することを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です