面接じゃなくても"キモイ”でしょ、普通に。そんな基本的なこと・・・

「転職の書類選考が通った!

となった後に、

必ず避けては通れないのが面接

 

私も以前転職経験があるので、

どんなことが聞かれるのかなちゃんと答えられるかな…」

と、不安になる気持ちがすごく良くわかります!

 

特に、第一志望の企業だと、

是が非でも突破したい!

そんなことを思っていることでしょう。

 

そんな面接の中で、

冒頭に必ずあるといっていいほどの

「自己紹介」

 

面接の流れを決めるだけに、

ぜひともポイントを抑えて、

その後の質疑応答に弾みをつけたいですよね。

 

今回は、

転職面接の「自己紹介」について、

そのポイントをご紹介します!

 

ポイント1: 声は明るく、にこやかに

「何小学生みたいなこと言ってるんだ・・・」

と思ったあなた!

超重要です。

 

面接では、

面接官の方とは初対面です。

 

面接官から見ると、

あなたは初対面なので、

事前の書類はあるものの、

あなたのことは一切知りません

 

一切知らないあなたの人となりを

30分~1時間で見抜いて

可否を決めないといけないわけです。

 

そんな時に、冒頭で

無表情元気の無い自己紹介をされたらどうでしょう?

採用したい気持ちが失せますよね?

 

度を越して無理に元気を出す必要は全くありませんが、

たいていの場合、

初対面の人にあなたが思っているより

 

声の明るさや笑顔は伝わりづらいです。

お互い緊張していますからね。

 

そのため、

ぜひ気持ち強めに

上記のことを意識していただければと思います。

 

は、

自分の声が通らないことを自覚していた

(よく友人たちに言われました)ので、

ここは特に意識していました。

 

流ちょうに話す必要はありません!

ポイント2 くどくど言わず、どんなに長くても2分!

この点が最も重要かもしれません。

「校長先生の話」って、長いですよね。

でも、

分数にすると5分とかそこらだと思います。

 

なぜ長く感じるかというと、

相手からの話を一方的に聞く時間だから

 

日常の会話では、

普通お互いに聞いて、お互いに話します。

それが無いと、どうしても長く感じてしまうのです。

 

面接官からの時間指定が無い場合、

この長さの限界が2分。

 

どんなに長くても2分です。

2分間は、文字数で約600字です。

 

ちなみに、

ポイント1と2のここまでの本文の合計が600字弱。

あまり長くないですよね?

 

「長くても」2分なので、

ベストは1分~1分半くらいです。

 

要点をつかまず取りとめなく言っていると、

間に合いません。

ぜひ家でストップウォッチ片手に練習してみてください!

ポイント3 自信が無ければ、圧倒的な練習をする

「普段人前で話すことないし不安だなあ・・・」

――自信の無い時は練習あるのみです。

 

自己紹介は、

相手の「突拍子の無い質問」にジャマされない、

唯一自分のコントロールで出来る部分です。

 

その1でお話しした声の明るさ、

笑顔やその2で話した分数について

はもちろん、

 

話す内容についても十分に準備し、

ぜひ練習してください。

 

練習は、

鏡の前でもいいですし、

家族や友人に見てもらい、感想を聞くのもオススメです。

 

自分視点では気づかない

話し方のクセなどが見えてきます。

まとめ

転職面接の自己紹介についてまとめると、

 

ポイント1: 声は明るく、にこやか

 

ポイント2: くどくど言わず、どんなに長くても2分!

 

ポイント3: 自信が無ければ、圧倒的な練習をする

 

以上のことをぜひ心がけてみてください!

 

あなたの転職活動が成功することを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です