転職する理由を「ポジティブ」に変えて 未来も明るく変えよう!!

転職する際には必ずと言っていいほど「ネガティブな考え」が浮かんでくるものです。転職する理由が「人間関係の悩み」もネガティブ要素です。転職先で「うまくやれるかな~」という考えもネガティブな考え方なんですよ。

ネガティブ要素からはなかなか「プラスな事」には発展しないものです。ネガティブ要素をポジティブ要素に変えたら、おのずとプラスな事が起きやすくなるものなんです。

まずは転職前の退職をポジティブに変換!!

転職しようとする人はだいたい今の会社を退職することが大前提としてあるはずですよね。退職する理由はひとそれぞれ色々な理由があるとは思いますが、そのほとんどがマイナスな考え方なんです。5つの理由の例を上げますね。

1つ目が【給与が安い】という理由です。

給与が安いと感じるということは会社に対して給与以上の働きを自分自身がやっているということに結び付くので、【今以上に自分の力がもっと発揮できるような職場を求めている】というポジティブな考え方に変換できますよね。

2つ目が【残業時間が多い】という理由です。

残業時間が多いということは単純に仕事量が多い。ということではないでしょうか?そうであれば、【それほどの量を任されるほど仕事をこなしていたんだ】というポジティブな考え方に変換できますね。

3つ目が【人間関係が上手くいかなくて】というような理由です。

規模や人員が小さい会社や大きい会社など、さまざまな大きさの会社が世界にはありますが、あなたが深く関わるのはあなたの周り、つまりほんの一部の範囲ではないでしょうか?そのような小さな規模での人間関係で悩むのではなく、今の周りの人間関係はこういう理由でうまくいかなかったから、今度はこうしよう!というように【次の人間関係に向けての踏み台だった】と考えるとポジティブになれますよね。

4つ目が【やりたかった仕事ではないことをしている】という理由です。

やりたい事が決まっているならば話は早いです。【やりたかった事は本当にやりたい事だと気づかせてくれた】と考えるととてもポジティブになりますよ。

5つ目が【今の仕事にやりがいを感じない】というような理由です。

やりがいを感じないということは、今の仕事は今のあなたでは持て余している状況ではないでしょうか?そうであれば【今の会社よりも1ランク上の会社に転職することに挑戦できる】ということになります。これもかなりポジティブですね。

転職先もポジティブな理由から探しましょう!

前の会社を退職する理由がポジティブだと、次の転職先を探すのもポジティブな理由で探せるようになっているはずです。

ただ単純に【給与が安い】とマイナスなまま転職先を探してみても、優先順位が給与が高くなってしまっているので、なかなか他の項目まできちんと見れなくなってしまいます。

しかし【今以上に自分の力がもっと発揮できるような職場を求めている】ような考え方で探すと、おのずとどんな企業なのかどんな仕事内容なのか社会保障はきちんとしているのかなどの項目にもちゃんと目が行き、もちろん給与のこともチェックできるはずです。

つまり、ポジティブに考えられていると、転職するための就職活動も充実してくるんです。

ポジティブに考えられると良い事しか起こらない!

ポジティブな考え方をすることは本当に良い事づくしなんですよ。転職する際の面接でも企業側からしても「ネガティブな発言が多い人」よりも「ポジティブな発言が多い人」の方を欲しがります。

前の職場の退職理由や、転職を決めたキッカケ、面接を受けている会社への志望動機や、その会社でどんなことをしたいのか。などなど色々な質問の中にポジティブを入れ込むことでかなり評価が上がることは間違いないですよ。

ここで「ネガティブな発言は全くしない方がいいのか?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、ネガティブ発言はしちゃってもいいんです!

ただし、ネガティブな事をネガティブなまま終わらせるのではなく、ネガティブな事をポジティブな事に繋げればいいんです。

例えばですが、「前の職場ではなかなか自分から話しかけることが出来ずに、人間関係があまり上手くいかなかったですが、御社では積極的にコミュニケーションをとるように心掛け、仕事が円滑に進められるようにしていきたいと考えております」と言ったらネガティブな事を反省しつつ次へのステップにして、ポジティブに繋げているので印象としては良くなると思いますよ。

転職すること自体がとても大変な労力を伴うものです。ネガティブな考えのままだと「疲れたな~」や「なかなか決まらないな~」などと言ったようにどんどんネガティブな事がよってきてしまいます。

ポジティブな考え方になっていると「今日も色々な会社が見れた。会社によって全然違うんだな~」や「明日は今日よりも自分に合った会社が見つかるはず!」と思えるようになり、疲れた先にある充実感までも味わうことが出来ちゃうんです。

まとめ

・まずは転職前に退職する理由をポジティブに変換しておくようにしましょう。

・次にポジティブな考え方で転職先を探すようにすれば細かな項目までに目が行き届き充実した転職活動が出来るようになります。

・ポジティブに考えられるようになると転職中も転職先の面接などでも、とても役に立つような考え方が次々と出てくるようになる。

「転職する事」は大体の人の人生の中で数えられるほどしかない、とても貴重な体験でもあります。せっかく貴重な事を経験するのですから、今以上にあなたの人生がより良いものになる方がいいですよね。

ポジティブに考えることは誰もが簡単に出来ることです。何の道具も費用もいりません。考え方を少し変えることで出来ることなんです。

ほんの少~し考え方を変えてぜひともポジティブな転職をして、明るい未来をこじ開けちゃって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です