転職するのにブランクって不利になるのか? 詳しく解説します!

転職においてブランクとは「仕事などが途切れている期間」のことをいいます。つまり退社後から次の就職先が決まるまでの間で就職先が決まっていない期間のことなんです。

ブランクと聞けば転職する際には不利になってしまう情報だと思われがちなものです。不利な情報を不利なまま転職に挑むのではなく、なるべく有利な情報になるように考えられたら転職活動もやりやすくなりますよね?

今回は転職の面接時に有利になるブランクの考え方についてご紹介しますね。

まずはなぜブランクが生れたのかを考えよう!

「ブランク」といっても計画的なブランクだったり、予期せぬブランクだったり避けられないブランクだったりで、人それぞれでブランクになってしまった理由は違うものです。具体的な例を挙げてみますね。

【計画的なブランク】

次の転職先で必要になってくる資格を取得をするための勉強期間とした時。

【予期せぬブランク】

自分自身や身内の人がケガをしてしまったり病気になってしまったりして、療養もしくは看病を余儀なくされた時。

【避けられないブランク】

身内の人が年老いて介護を必要とした時。

【気が付けばブランク】

なかなか内定がもらえず、気が付けばアルバイトで生計を立てていた時。

などなどその他さまざまな理由もあるはずですので、今まさに転職中でブランク中の方やこれからの転職活動でブランクを経験される方は「なぜブランクの期間が生れるのか」を今一度考えてみるようにしてみて下さい。

なんでブランクって不利になる情報なの?

働けていない時間があればどうしても「働いていた時の感覚」が薄れていってしまうものです。もし新たな転職先が決まれば、まずは働く感覚に慣れること自体が1番重要性が高くなってしまい、新しい仕事内容を覚えることがその次になってしまい即戦力とはなりにくいと思われてしまいがちだからなんです。

転職先が1次審査が履歴書のみだった場合もブランクは不利な情報になってしまいます。基本的には正社員から正社員の転職ではアルバイトの経歴を履歴書の職歴の部分に記入することはないんです。つまりたとえ切れ目なくアルバイトで働いていたとしても、正社員での転職時にはブランク期間になり働いていなかったことになってしまうんです。

ブランクを不利から有利に変えるためには?

それは転職の面接時に詳しく説明すること!なんです。面接では直接面接官と会うことが出来、自分の意思を伝えることも出来ます。履歴書では書くことが出来なかった自分自身の情報を、直接説明することが出来るこのチャンスを逃してはなりません。

実際に面接時に言っておいた方がいいポイントをまとめてみました。

1.なぜブランク期間があったのか。

2.ブランク期間は主に何をしていたのか。

3.ブランク期間中に何か自分自身で得たものがあったのか。

4.新しい職場ではどのように活かせることが出来るのか。

以上の4点は面接時に積極的に説明するようにしましょう。例を挙げますと【在職中はまとまった時間をとることが難しかったので退職し、今後自分自身どのようにしてキャリアアップしていくのか、どのような将来になるのかを考えインターネットや本を利用して調べました。御社では自分の○○なこと(長所)を活かし△△なことをしていきたいと思っております。】このような説明文になります。

今後の自分自身のことを考えるのも立派な就職活動の1つなので、しっかりと説明するようにしましょう。アルバイトを転々とされた方も「色々な職種を経験してみたかったので・・」と考えれば続きの説明文である【何か得たものはあるのか】も浮かんできますよね。

説明がなければただのブランク期間とみなされてしまいますが、キチンと説明することが出来ればとても有利な情報になってくるんです。

ただし!面接時に嘘をつくことは絶対にしてはならないことです。どんなささいな事でも嘘をつくのではなく、考え方を少し変えてみて正直に話すようにしましょうね。

まとめ

・なぜブランクの期間が生れたのかを考えてみましょう。

・【ブランク=働いていない期間】と思われ、即戦力とはなりにくいと思われがちなので【ブランク=不利な情報】となってしまう。

・ブランク期間は「①なぜブランク期間があったのか②ブランク期間は主に何をしていたのか③ブランク期間中に何か自分自身で得たものがあったのか④新しい職場ではどのように活かせることが出来るのか」を面接時にキチンと説明すれば、【ブランク=不利な情報】ではなく【ブランク=有利な情報】になる!

さまざまな理由でブランク期間が生れてしまっているとは思いますが、今一度なぜブランク期間になってしまったのか?ブランク期間は何をしていたのか?を考えてみて下さい。

次の転職先に有利なブランク期間であったかもしれないですよ。ぜひともブランクを不利な情報ではなく有利な情報に変えて転職に臨んで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です