転職の履歴書と志望動機について

転職を考えたことはありますか?この記事を見ているということは皆さんは転職を考えているのだとも思いますが。では今回は転職で陥りがちなミスを履歴書と志望動機の観点からお話していきたいと思います。

履歴書について

履歴書には沢山の記入する部分があります。主なものを挙げてみると名前など個人情報、学歴と職歴、免許や資格、志望動機、趣味や特技、希望の職種などなどです。見ただけでいっぱいいっぱいになりそうですね。しかし社会人としてこれは書かなければなりません。

履歴書では書く内容はほとんど決まっています。だから「そんなに意識する必要あるのか。」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし少し意識するだけで就職試験のときの強みにもなります。

学歴や職歴について

転職を考えている皆さんなら学歴や職歴の欄に職歴を書くことができます。この職歴はあなた自身の経験地ですから重要です。ないとは思いますが書き忘れないようにしましょう。せっかくのアピールポイントが台無しになってしまいます。

免許や資格について


免許や資格については書くことは決まっていますが、学生の人や若い人に向けて、なるべく資格や免許などに普段から頑張ってとっていると、いざ就職のときにとても強いです。なぜなら資格や免許は当然試験があります。それに合格してきた人たちであるということは。その能力がその人にはあると社会から認めてもらえたということと一緒です。だから免許や資格はあなたの強力な武器なのです。

例えば「学生時代頑張ったことは何ですか?」と質問されたとしましょう。そこであなたが「学生時代は英語学習に力を注ぎました。毎日英語の音声を聞いて、文法の教科書を何度も繰り返し勉強しました。」という風に熱くアピールをしたとしても、例えば資格の欄に英語検定だとかTOEICだとか何かしら学力を証明できるものがないと説得力がありません。むしろTOEIC900点以上だとか英検1級だとかもっていたら、そこの部分をアピールしなくても、上記のようにアピールした人よりも印象に残ります。それほど資格や免許を持っているということは効果があります。もしこの記事を学生さんやまだ若い人たちが見ているのなら、是非こういったことを意識してみてください。いま勉強することが将来に必ず生きてきます。

志望動機について

志望動機は人それぞれで企業によっても変わってきますし、一概に気をつけるべきところとしては挙げることはできませんが、意識すればいいことはあります。皆さんは分かっているかも知れませんが。それは就職試験がどうして存在するのかにヒントは隠されています。会社が人を雇う制度でどうして就職試験が必要なのか?人数が欲しいなら早いもの勝ちで採用してはいけないのでしょうか?それは会社はしたくはないのです。当然労働者は会社のために働いています。会社が良くなるよう依頼を受諾して遂行していきます。じゃあすべての人がその会社で相当な利益を出すことができるのかといわれればどうでしょうか?違いますよね。パソコンが全くできない人がIT企業に入るのはとても厳しいように、人にはできることがそれぞれ違うので会社の利益のためにも無作為に人材を取り出すわけにはいかないのです。つまり会社はあなたが会社でしっかりとした労働ができるかどうかを就職試験という形で評価しているのです。では具体的に志望動機はどうすればいいのかということですが、それはあなたが会社の欲しい人材であるかどうか、また人格であるかどうかをクリアするように内容を考えるのです。嘘をつけとはいっていませんが、あまりに正直すぎてもいけません。「他に行く会社がなかったから。」なんて面接試験で口が裂けても言ってはいけません。それと同じです。要するにうまいこと書くのです。「○○のような経験があって、なお○○のようなことが得意です。」というような文章ならなお説得力も生まれます。

まとめ(履歴書について)

・学歴や職歴に書きこぼしがないか注意する。

・免許や資格は持っていれば就職のときに有利になるのでなるべく若いうちに沢山の面鏡や資格を取っておくと良い。

・志望動機は会社が欲しいのはどのような人物であるかを意識して書く。

最後に


今回は履歴書の書き方についてお話しました。少しでも参考になれば光栄です。転職を考えている皆さんは新卒で就職するときより仕事の経験も多いですし、沢山のアピールポイントを持っていると思います。そこをしっかりアピールして転職を成功させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です